金の糸ナビ

金の糸で若返り

金の糸の美容整形でコラーゲンを活性化させてハリのあるお肌に導きます。

「金の糸」皮膚のたるみや老化予防に

金の糸を埋め込むことにより細胞が活性化し、ターンオーバーのリズムを取り戻します。

金の糸は、安全性の高い“金”の細胞活性力

ゴールデンリフトとも言われる「金の糸」治療法は、安定した元素のため溶けてなくなることはなく、アレルギー反応もほとんどありません。1ヵ月後には、肌の張りや弾力を感じるとともに、肌に有害な老廃物や活性酸素が排出され、皮下組織が活発に再生します。

「金の糸」は老化した肌にツヤとハリを取り戻す手術


「金の糸」は肌年齢が10~15歳UP。

無理に引き上げるのではなくメスを使わない自然なリフトアップ。顔以外にも首や腹部、バストにも埋め込み可能です。
高い美肌効果で知られる純金を皮膚に埋め込むことで、コラーゲンや血管の再生を促進し、老化した肌にイキイキとしたツヤと血色を取り戻し、総合的な若さを復活させる施術法である「金の糸」。「金の糸」は、「肌にハリや潤いを取り戻したい」「ニキビ跡を治したい」「毛穴を目立たなくしたい」という方に向いています。さらに「金の糸」は顔だけに限りません。年齢が現れやすい首、デコルテや手の甲、あごや腹部、バストやヒップにも埋め込みが可能です。

「金の糸」は細胞を活性化させ若返りを図る


皮膚は、「表皮」「真皮」「皮下組織」の三層に分かれています。

金の糸は、皮膚の真皮層に埋め込みます。真皮層に埋め込むと細胞が感知し、金の糸の刺激により、免疫を運ぶ毛細血管が大量に伸びはじめます。埋入した金の糸の周辺にコラーゲンやエラスチンなどが増殖し始めるのは、施術後1ヶ月が経過したくらいからです。金の糸の目に見えた効果が現われてくるのは、真皮下の組織が再生・活性化する約3~6ヶ月後くらいになるでしょう。このように、金んの糸は肌そのものを活性化させ若返らせる美容術です。

「金の糸」の治療法


金の糸の施術時間は約30分。

手術は局部麻酔をして行うので、痛みはほとんどありません。極細の針を使用して、金の糸を皮膚の真皮層に埋め込みます。金の糸の一般的な治療法の紹介から、金の糸の術後の経過写真もご紹介いたします。

「金の糸」に関するコラム


美容の秘密が満載。

金の糸の歴史から、フェザーリフトとの違い、たるみ・しわの原因など金の糸やアンチエイジングに詳しくなれます。金の糸の歴史は大変古く、世界三大美女として名高い、クレオパトラが「金の糸美容術」を受けていたという記述が残っております。フェザーリフトに対し、金の糸は純金を皮膚に埋め込み、細胞を刺激してコラーゲンの生成を促進させ肌を若返らせます。たるみの原因も詳しく紹介。金の糸が何故効果的なのか、きちんとした情報を取り入れてから金の糸の治療を受けましょう。

高須クリニックWebサイト内の文章、写真、イラストなどの著作権は、高須クリニックおよび関連会社が保有します。許可なく無断複製・使用を禁じます。

  • 一般財団法人 かっちゃん基金
おすすめサイト
  • 話題の美容整形治療
    高須クリニックは、美容外科・美容整形の顔となることの大きな責任を背負い、常に信頼・安心を追及しながら最新の施術を心がけています。
Copyright(c) Neos All Right Reserved.